大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 剪定 > 大きくなりすぎた植木(カシなど)の剪定と伐採 大阪市旭区

大きくなりすぎた植木(カシなど)の剪定と伐採 大阪市旭区

2017/5/12
基本情報
種別 /
場所 / 大阪市旭区
費用 / 65,000円(税込) ※内訳下記
時間 / 2人で1日
内容 /
<剪定>
カシ、モミジ、
マキ、キンモクセイなどの植木
<伐採>
マキ

※植木の剪定・伐採費用 55,000円(税込)
※ゴミ処分費用 10,000円(税込)

大阪市旭区の一戸建てにお住まいのお客様から、大きくなりすぎたカシやモミジなどの植木の剪定、伐採のご依頼をいただきました。

 

カシ 剪定前

上の写真は、剪定前のカシなどです。

お客様は、植木を大きくすることを好まれていたそうで、ご自身での剪定についても、手の届く範囲の下の方の枝ばかり切ってきたそうです。

低い位置の枝が切られ続けることで、植木はどんどん高くなっていき、いつのまにか手がつけられない高さ(5m)になってしまい、困っているとのことでした。

 

モミジ 剪定前

モミジやマキも、せっかくよく見える玄関前に植えてあるのにも関わらず、ボサッとした枝ぶりになってしまっています。

 

マキ 伐採前

カシの木が植えられているところの更に奥を、裏手から撮影した写真です。

家と家の間のスペースに高さのある植木が密集しており、狭苦しく暗い印象を与えます。

そこで今回は、大きくなりすぎた植木をばっさりと剪定・伐採して、お家の周りをスッキリ明るく見せることにしました。

カシを約3mの高さにそろえて剪定

カシ 剪定後

お客様からは、カシなど大きすぎる植木を低く、同じような高さで揃えてほしいとご要望がありましたので、そのようにさせていただきました。

約5mの高さがあったものを、約3mの高さまで落としています。

 

モミジ 剪定後

枝がごちゃごちゃしていたモミジやマキは、密集しているところを適度に透かして剪定しました。

シュロチクのジャマになるマキを伐採

マキ 伐採後

お家の奥まったところに植えられていたマキですが、キンモクセイやシュロチクなど、他の植木のジャマになっていたため、お客様から「伐採してもらいたいです!」とご要望がありました。

他の植木も、小さくなるように剪定しています。

 

強剪定や伐採で出た大量のゴミを後片付けして、今回の剪定・伐採作業は完了です。

作業の様子を確認されていたお客様からは、「こんなにいっぱいの植木のゴミ、トラックに乗るんですか!?」と驚いていらっしゃいました。

※今回、植木の剪定・伐採で出たゴミは手作業で砕いてまとめたため、無事トラック1台で全て運び出しています。

 

植木のその後についてもご相談を受け、「今の状態から毎年剪定を行っていくとすれば、1回あたり25,000円くらいで出来るかと思います」とお答えさせていただいたところ、「思ったよりも安く出来るんですね。ぜひ来年から、お願いしたいと思います」と仰られていました。

大きくなりすぎた植木でお困りの際は、お気軽にアーバングリーンまでご相談ください!

大きくなりすぎた植木の剪定や伐採ならアーバングリーンまで!

関連するその他の施工事例

pagetop