大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 伐採 > 今にも家を押しつぶしそうな巨大クヌギの特殊伐採 堺市中区

今にも家を押しつぶしそうな巨大クヌギの特殊伐採 堺市中区

2018/11/26
基本情報
種別 /
場所 / 堺市中区
費用 / 400,000円(税込)
時間 / 3人で2日
内容 /
<特殊伐採>
クヌギ
ラフタークレーン車を稼働

わずか2本の枝を頼りに屋根にもたれかかり、きわめて危ない状態の巨大クヌギの特殊伐採事例です。

台風であおられて根が切れて、崖の一部ごと傾いている巨大クヌギ

引きの写真をひと目見るだけでも、今にも倒れそうで危ないことがすぐに分かる巨大なクヌギ。

クヌギがもたれかかっているお家には、お客様ご自身がお住まいで、とても怖い思いをされているとのことでした。

 

倒れかけのクヌギの根元

クヌギが大きく傾いてしまった理由は、台風による凄まじい強風を受けたからです。

大きく傾きすぎた影響で、おそらく地中を這う根っこが切れてしまい、崖が一部ずり落ちて、その部分ごと浮き上がっている状態です。

写真右側は急斜面になっており、伐採作業は大変困難なものになると想定されました。

クヌギや家に倒れ込まないように、または崖の下へ転がり落ちないように、固定しながらの特殊伐採を行わなくてはいけません。

 

倒れかけのクヌギを固定

特殊伐採中のクヌギを固定するための、ラフタークレーン車を手配し、今詰まっている依頼の予定を整理するための時間をいただきたいため、作業は1週間後に行うことになりました。

作業当日までクヌギが倒れないように、両隣の木と結び付けています。

ラフタークレーンで吊り上げながら、慎重にクヌギを伐採していく

作業当日は、ラフタークレーン車を現場に入れて、クヌギを上から吊り上げて固定します。

最初の訪問時に固定した部分と合わせて、3箇所からクヌギを固定していることになります。

ここまで固定に気を遣わなくてはいけないのは、先述したようにクヌギは根元から浮き上がっており、大変不安定な状態で、対処なしで伐採を進めると、倒木の危険が非常に高いからです。

 

巨大クヌギの伐採作業中は、枝を落とす順序に気をつけました。

現状、お家にクヌギが完全に倒れ込まず、屋根にわずかに持たれる程度に留まっているのは、2箇所の枝がうまい具合に屋根に引っかかり、ストッパー代わりになっているからです。

つまり、この2箇所の枝を切ってしまったり、2箇所の枝に負荷がかかって折れるような順番で伐採を進めてしまうと、ストッパーがなくなり家側にドサッとクヌギが倒れて、大きな被害が出てしまいます。

ギリギリまでこのストッパー代わりのポイントは維持しつつ、クヌギを小さくしていくことを徹底しました。

クヌギの伐採後、「安心して眠れるようになる」とお客様からのお声

クヌギの特殊伐採後

無事、クヌギの特殊伐採が完了しました。

クヌギの特殊伐採後はもちろん大量のゴミが出ましたが、お客様はこの一帯の地主さんで、大量の枝を置けるスペースがあると仰り、そこに置かせていただくことになりました。

ですので今回発生した費用は、ラフタークレーン車の稼働込みの特殊伐採作業費用のみです。

クヌギの特殊伐採完了後、お客様は「ようやくこれで、安心して眠れるようになります。ありがとうございました!」と、ホッと胸をなで下ろされていました。

 

いつ大木が自分の家へ倒れてくるか分からない、そんな状況で生活するのはさぞかし不安だったでしょう。

今回のクヌギのように台風の影響を受けて、危ない状態になっている植木はまだまだ各地に見られますが、完全に倒れてしまう前に植木屋に頼んで伐採処分などの対処を行うことをオススメいたします。

 

堺市中区で今にも倒れそうなクヌギを伐採処分するならアーバングリーンにお任せください。

関連するその他の施工事例

pagetop