大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 薬剤散布 > 斜めになっていた生垣が年に1回の剪定で真っすぐに 松原市

斜めになっていた生垣が年に1回の剪定で真っすぐに 松原市

2018/2/20
基本情報
種別 /
場所 / 松原市
費用 / 25,000円(税込) ※内訳下記
時間 / 1人で1日
内容 /
<剪定>
カイヅカ(生垣)、ツツジ、マキ、モミジ、
モッコク、サルスベリ、ヒイラギナンテンなど
<薬剤散布>

※剪定と薬剤散布費用 22,000円(税込)
※ゴミ処分費用 3,000円(税込)

松原市の一軒屋にお住まいのお客様から、カイヅカの生垣、ツツジ、マキ、モミジ、モッコク、サルスベリ、ヒイラギナンテンなどの剪定のご依頼をいただきました。

こちらのお客様からはじめてご依頼をいただいたのは、今から4~5年ほど前で、そこから年に1回の頻度で、定期剪定をお任せいただいております。

 

長く植木屋さんに依頼をしている方は、見積りなどにあらわれた人の雰囲気で、安心して作業を任せられそうかどうか、何となく分かるそうです。

アーバングリーンの場合「きちんとした職人さんが来てくれた!」と思っていただけたようで、これまでの長いお付き合いに繋がっています。

剪定をはじめる前のカイヅカの生垣は斜めに傾いていた

5年ほど前、初めてご依頼をいただいた段階でのカイヅカの生垣は、高さがまったく揃っておらず、右側と左側を比べた時に大きく斜めに傾いて見えるような状態でした。

やはり生垣は、上の辺が真っすぐキレイに揃っていてこそ、美しく見えるものなので、定期的な剪定を行い、徐々に樹形をキレイに揃えていくことになりました。

 

定期的な剪定は、毎年11~12月頃、モミジの紅葉が終わって葉っぱも大体落ちた頃に、行っています。

4~5回目の剪定でカイヅカイブキの生垣が大分キレイに!

カイヅカの生垣 剪定後

今回で、カイヅカの生垣の剪定は4~5回目となります。

昔は、斜めに傾いていて見栄えが良くなかったカイヅカの生垣ですが、1年ごとの剪定により徐々に形が落ち着き、今では大方真っすぐ揃うようになりました。

 

お客様も、年々キレイになっていくカイヅカの生垣を見て毎年喜んでくださり、「いつもキレイにしてくれてありがとうございます!」と、声をかけてくださいます。

 

形が崩れて見栄えが悪くなった生垣も、プロの植木屋が定期的にお手入れすれば、キレイになりますよ!

松原市のカイヅカの生垣の剪定のことなら、アーバングリーンにおまかせ下さい!

関連するその他の施工事例

pagetop