大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 薬剤散布 > しだれ桜やハナミズキなどの剪定と害虫駆除のための薬剤散布 大阪府

しだれ桜やハナミズキなどの剪定と害虫駆除のための薬剤散布 大阪府

2016/7/19
基本情報
種別 /
場所 / 大阪府豊能町
費用 / 50,000円(税込)
時間 / 2人1日
内容 /
<剪定>
剪定 しだれ桜、ハナミズキ、ヤマボウシ、キンモクセイ、梅、むくげ
薬剤散布(粉タイプ)

こちらのお客様のお宅には、さまざまの種類の木が植わっています。しだれ桜やハナミズキは3~4mほどあり、お隣の敷地にはみだしてしまっています。また、キンモクセイの生垣も、フェンスを越えて枝を伸ばしており、形も崩れてきています。

しだれ桜の剪定は実は難しく、他の桜と違い枝の先端が垂れ下がった特徴的な形をしているので、あまり剪定しすぎると歪な形になってしまい、翌春に花をつけなくなる可能性があります。ハナミズキの剪定も同様に、枝を切りすぎると枯れてしまう可能性があるので、気をつけて作業いたしました。ヤマボウシ、キンモクセイ、むくげ、梅なども、剪定してスッキリさせました。

剪定後は、害虫駆除のための薬剤散布をいたしました。この日は雨天でしたので、液体の薬剤ではなく、粉タイプの薬剤を使用しました。雨で薬剤が地面に染み込み、根が薬剤を吸収しやすくなります。液体薬剤は速攻性がありますが、雨で流れてしまっては意味がないので、粉タイプにしました。

アーバングリーンは剪定・伐採時に、害虫駆除のための薬剤散布を「初回無料」で行います。ご不明点があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

関連するその他の施工事例

pagetop