大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 草刈り・芝刈り > 花が咲き終わった植木の夏季剪定 高槻市

花が咲き終わった植木の夏季剪定 高槻市

2016/8/22
基本情報
種別 /
場所 / 高槻市
費用 / 140,000円(税込)
時間 / 2日で3人
内容 /
<植栽管理>
剪定・草刈り・薬剤散布などを
夏季・冬季の年2回行う

夏季剪定は花が咲き終わった植木に行う

高槻市の一戸建てにお住まいのお客様から、新規で植栽管理のご依頼をいただきました。これまではお客様自身で草むしりなどの手入れを行っていましたが、お庭がかなり広いので、とても骨の折れる作業だったそうです。

生垣 剪定前 生垣 剪定後

基本的に植木は花を咲かせ終わった後に剪定などの手入れを行います。夏季に剪定を行うのは春に花を咲かせる植木で、春から夏にかけてぐんぐん成長し伸びすぎた枝や生い茂った葉をスッキリと整えるのが目的です。今回のお家では、低木・生垣を中心に剪定を行いました。

年に2回の植栽管理

お庭にはウバメガシ、サツキ、ヒラドツツジ、ツゲ、サルスベリなど、様々な種類の植木がありました。これらの木は夏と冬2回に分けて剪定します。一度に剪定してしまわないことには理由があって、それは植木によって剪定に適した時期が違うからです。

冬季に剪定を行うのは落葉する中木や高木などで、次の春に向けて太い枝を間引くように樹形を整えます。寒さに弱い樹木をここで強剪定してしまうと、元気がなくなって枯れてしまうこともあり注意が必要です。

これからは植木の剪定と一緒に、草刈りや害虫の発生を防ぐ薬剤の散布も年に2回行っていきます。美しいお庭を長く保っていけるように、心をこめて作業いたします!

 

植栽管理のことならアーバングリーンまで!

関連するその他の施工事例

pagetop