大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 薬剤散布 > 8mの桜を強剪定で3m低くし日当たり改善 八尾市

8mの桜を強剪定で3m低くし日当たり改善 八尾市

2016/10/24
基本情報
種別 /
場所 / 八尾市
費用 / 30,000円(税込) ※内訳下記
時間 / 2人で半日
内容 /
<剪定>
桜を8mから5mに
<薬剤塗布>
癒合促進剤(半固形タイプ)
<ゴミ処分>

※剪定・薬剤塗布費用 27,000円(税込)
※ゴミ処分費用 3,000円(税込)

八尾市にお住まいのお客様から、桜の木の剪定のご依頼です。

サクラ 剪定前

8m近くある桜の枝が、お隣の敷地にはみ出してきている、また枝や葉が日光を遮っていて、お家の中が暗く感じてしまうとのお悩みでした。

1度は『桜を下から切って、撤去してしまった方がいいかな?』と考えていたそうですが、やっぱりこの桜の木には特別思い入れがあり、気に入っているので、「できれば撤去したくないのですが、剪定だけで何とかなるでしょうか?」とご相談を受けました。

今回の桜(8m)のような大きな木でも、定期的に剪定を行えば、邪魔になるほど枝が横に広がっていかず、剪定を続けていくうちに枝がキレイにつくようになっていくので、撤去しなくても大丈夫ですよ、とお伝えさせていただきました。

桜の枝を短めに剪定し、雑菌の発生防止に薬剤を塗布

サクラ 剪定後

約8mの桜は3m低く、短めに剪定(強剪定)しました。

太めの枝も切っているので、その断面には癒合促進剤という薬剤を直接塗布しました。癒合促進剤を塗ることで、枝の切り口から雑菌が入ってこなくなり、切り口からの腐食やキノコの発生を防ぐことができます。

桜の強剪定の完了後は、お隣の敷地まではみ出していた枝もスッキリし、お家の中にも光がたくさん入ってくるようになりました。蚊など、風通しの悪いところに寄ってきやすい害虫の発生も抑えられます。

お客様からは、「桜の木を撤去せずに済んで良かったです。来年からの剪定もお願いします」とお声を頂くことができました。

八尾市の植木の剪定ならアーバングリーンまで!

関連するその他の施工事例

pagetop