大阪の植木屋アーバングリーン > 施工事例 > 剪定 > 隣の家の外壁に枝が当たっていた約9mのウバメガシを剪定 羽曳野市

隣の家の外壁に枝が当たっていた約9mのウバメガシを剪定 羽曳野市

2018/2/20
基本情報
種別 /
場所 / 羽曳野市
費用 / 60,000円(税込) ※内訳下記
時間 / 3人で半日
内容 /
<剪定>
ウバメガシ 約9m ⇒ 約6m

※ウバメガシの剪定費用 55,000円(税込)
※ゴミ処分費用 5,000円(税込)

羽曳野市の一戸建てにお住まいのお客様から、「近隣から苦情がきていて、困っています。背の高すぎる植木を何とかしてもらいたいです」と、ご依頼がありました。

5年前に剪定したきりで、ウバメガシは8~9mの高さになっていた

ウバメガシ 剪定前

お客様のお家のお庭に植えてあったウバメガシは、今から約5年前に他の植木屋さんに剪定してもらったとのことでした。

ウバメガシは生長の早い植木であり、5年も経ってしまうととても背が高くなってしまいます。作業に入る前のウバメガシの木は、8m~9mもの高さがありました。

そして、大きくなりすぎたウバメガシは、落ち葉を大量に落としたり、枝が隣のお家の外壁に当たったり、日当たりを悪くするなどして、ご近所の迷惑になってしまっているとのことでした。

そこでウバメガシを、ひとまずは5年前に剪定した高さまで、短く切り戻すことにしました。

お隣の家の壁に近い部分はより短めに剪定

ウバメガシを、以前剪定していたところまで切り戻し、その仕上がりをお客様に確認していただきました。

その際、「生長したらお隣さんの敷地に入っていきそうな部分は、念の為もう少し短くしておきたいです」とご要望がありましたため、お隣の家の壁に近づいていくであろう部分の枝は、より短めに剪定させていただきました。

ウバメガシの剪定で出たゴミを搬出し、作業は完了です。

 

お客様は、「結構高い所での作業なのに、命綱なしでこなしていてビックリ!」と言われていました。

もっと大きな植木を剪定するときは、命綱のロープを使用しますが、今回のウバメガシくらいの高さで、枝もしっかりした木であれば、ロープなしでするする登って作業できるだけの経験があるのです。

またウバメガシが大きくなりすぎないように維持するためには、1年に1回程度の剪定が必要になります。お客様も、「ぜひお願いします!」と仰られていました。

 

羽曳野市のウバメガシの剪定なら、アーバングリーンにおまかせ下さい!

関連するその他の施工事例

pagetop